化粧品の種類と
その効果について

化粧品の種類とその効果について

アンチエイジング化粧品とは

基礎化粧品のなかに含まれるものとしてエイジングケアに特化したエイジング化粧品があります。20代後半頃になると肌のくすみやたるみ、シワやシミなどが気になるようになり、30代、40代になるにつれて肌の老化が進行します。鏡を見てシミやくすみが気になりだしたり、化粧のノリや肌の乾燥が気になりだしたりした際は、アンチエイジングケアが必要なサインとして認識することが大切です。アンチエイジングケアによって肌の老化を止めることはできませんが、老化のスピードを緩やかにすることは可能です。

若々しい潤いのある肌には十分な保湿が重要となるため、角質細胞内を水分で満たすセラミドや保湿効果が期待できるヒアルロン酸などの美容成分を含んだ化粧品が効果的です。シミやくすみが気になる場合は、抗酸化作用の高いビタミンCやアルブチンなどが配合された化粧品を使用するといいでしょう。美白だけでなくシワやたるみの予防にも効果が期待できます。また、ビタミンEやアントシアニンにも高い抗酸化作用が期待できます。化粧品だけでなくサプリメントを併用することによって紫外線などの外的な刺激からも肌を守ってくれるでしょう。コラーゲンやヒアルロン酸、プラセンタなど、アンチエイジングに効果が期待できる美容成分は数多くあるので、肌質や肌の状態に合わせてケアしましょう。